26歳サーバエンジニアの備忘録

日々の備忘録をひたすら記録しています。

2014年04月

#0007 - VMware ESXi 5.5のOpenSSL heartbleed脆弱性対策手順

heartbleed
ESXi5.5でのOpenSSL HeartBleed脆弱性対処手順

対処方法として以下3点を行う必要があります。
Step1.OpenSSL脆弱性修正パッチの適用
Step2.SSL証明書の入れ替え
Step3.パスワードのリセット
Step4.vCenterServerへの再登録(ESXi再接続)


続きを読む

#0006 - VMware vSphereのOpenSSL heartbleed対応パッチがリリース

OpenSSLのheartbleedに対応する修正がついにVMware社からリリースされました。
5_openssl_patch
続きを読む

#0005 - さくらVPS再インストールしたらMacからSSHが繋がらなくなった - Host key verification failed.

さくらVPSでマシンを再インストールしたら、以下のエラーメッセージが出力されてMacからssh接続がつながらなくなったって話。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that a host key has just been changed.
The fingerprint for the RSA key sent by the remote host is
xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx.
Please contact your system administrator.
Add correct host key in /Users/username/.ssh/known_hosts to get rid of this message.
Offending RSA key in /Users/username/.ssh/known_hosts:1
RSA host key for xxx.xxx.xxx.xxx has changed and you have requested strict checking.
Host key verification failed.

続きを読む

#0004 - 最新版Nginx Stableをソースインストール(CentoOS6)

Nginx公式のyumリポジトリからStable版をインストールする。
Nginx公式の安定版ソースを使用。

Nginxインストール前に必要のソフトウェア
  • gcc - GNUコンパイラコレクション
  •    NginxはC言語によって書かれているため、コンパイラツールが必要。
  • PCRE - Perl互換正規表現ライブラリ
  • zlib - データ圧縮用ライブラリ
  • OpenSSL - SSL/TLSを実装するためのオープンソースソフトウェア 
続きを読む

#0003 - 社内検証環境でのプロキシ設定(wget, yum, rpm)

Linux社内環境に作ったら、(wget,yum,rpm,git)をプロキシ経由してネットワーク接続が必要だったのでメモ。
サンプル環境
プロキシサーバ:http://proxy.example.com:8080/
ユーザー名:XXX
パスワード:YYY

続きを読む
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ