Linux社内環境に作ったら、(wget,yum,rpm,git)をプロキシ経由してネットワーク接続が必要だったのでメモ。
サンプル環境
プロキシサーバ:http://proxy.example.com:8080/
ユーザー名:XXX
パスワード:YYY

wgetのProxy設定
永続的にProxyを有効にする場合/etc/wgetrcに記述する。
設定後はいつも通りwgetする。
# vi /etc/wgetrc
------------------------------------------------------------
http_proxy = http://proxy.example.com:8080/
proxy_user   = XXX ※オプション(認証が必要な場合のみ)
proxy_passwd = YYY ※オプション(認証が必要な場合のみ)
一時的にプロキシを有効化するには、環境変数で設定します。
$ sudo export http_proxy="http://XXX:YYY@proxy.example.com:8080/"

rpm
コマンドオプションを指定します
$ sudo rpm --httpproxy http://proxy.example.com --httpport 8080 -ivh http://hogehoge/xxxx.rpm
認証情報が必要な場合
$ sudo rpm --httpproxy http://XXX:YYY@proxy.example.com --httpport 8080 -ivh http://hogehoge/xxxx.rpm

yumのProxy設定
# vi /etc/yum.conf
------------------------------------------------------------
proxy = http://proxy.example.com:8080
proxy_username = XXX ※オプション(認証が必要な場合のみ)
proxy_password = YYY ※オプション(認証が必要な場合のみ)

gitのProxy設定
# vi .gitconfig
------------------------------------------------------------
[http]
proxy = http://XXX:YYY@proxy.example.com:8080
編集後はいつも通りgitクローンする
$ git clone http://github.com/hoge/hoge.git